Online Catalog

QSZクリップ

QSZクリップ・アンカーピン
アンカーピン QSZ クリップ

基板上にアンカーピンを配置し、Z形状のクリップを使いヒートシンクを固定する方法です。アルファでは複数の規格クリップ・アンカーピン を取り揃えており、基板厚み・チップ高さ等、 お客様の状況に応じて適切な荷重・圧力を加えることが可能です。

QSZ クリップ アンカーピン QSZ

QSZ クリップ

アンカーピン

取付けイメージ

INDEX

1. QSZクリップの仕様

規格のクリップ仕様です。適切なアンカー位置は、熱源の高さ 、ヒートシンクのベース厚やフィン間のギャップ等、諸条件によって異なる為、実装にて確認されることを推奨します。

規格
  アンカーピッチ
X x Y (mm)
ダウンロード 納期   /  見積  /   購入
データシート その他
QSZ Clip
QSZ24x24 24 x 24 catalog RoHS REACH

DXF
QSZ29x29 29 x 29 catalog
QSZ34x34 34 x 34 catalog
QSZ39x39 39 x 39 catalog
QSZ44x44 44 x 44 catalog
QSZ49x49 49 x 49 catalog
QSZ54x54 54 x 54 catalog
QSZ58x58 58 x58 catalog
QSZ64x64 64 x 64 catalog
QSZ Clip
QSZ24x24R 24 x 24 catalog
QSZ29x29R 29 x 29 catalog
QSZ34x34R 34 x 34 catalog
QSZ39x39R 39 x 39 catalog
QSZ44x44R 44 x 44 catalog
QSZ49x49R 49 x 49 catalog
QSZ54x54R 54 x 54 catalog
QSZ58x58R 58 x 58 catalog
QSZ64x64R 64 x 64 catalog

2. アンカーピンの仕様

アンカーピンを選択する際は、クリップの荷重を参照し、適切な荷重がかかることをご確認下さい。
根元まで挿入することで、ハンダ付け等を必要とすることなく基板に止まります。

規格   サイズ
Z (mm)
ダウンロード 納期   /  見積  /   購入
データシート その他
Anchor Pin ANCR-8 8 catalog RoHS

REACH

DXF
ANCR-9 9
ANCR-11 11
ANCR-12 12
ANCR-13 13
ANCR-16 16

3. QSZクリップの特長

小さい取付面積

負担の軽減

quick set1

基板に開けられた2つの穴(直径 1.8mm)に、基板裏側からアンカーピンを挿入することで取り付けできます。アンカーピン末端の径は 2.5mm で、基板表面側より引き抜かれることはありません。

Z-Clip and QSZ-Clip

従来のZ形状クリップはヒートシンクをずらしながらクリップを上下方向の動きでアンカーに組み付けなければならず、作業者やサーマルインターフェース(以下TIM)への負担がありました。 QSZクリップはヒートシンクを動かすことなくクリップの左右の動きだけでアンカーに組み付けができるので、作業性も良く、TIMへの負担もありません。

組付向き間違い防止

傾き抑制効果

Location and Orientation Guide

ヒートシンクに穴を追加工し、アンカーピンを通してからQSZクリップで固定することで、誤った方向へのヒートシンクの取り付けを防ぎます。
※カスタム対応となります。

Kept horizontal position

ヒートシンクに穴を追加工し、アンカーピンを通してからQSZクリップで固定することで、組み付けの際のヒートシンクの傾きを抑制し、コアの小さいチップ(bare-die)などへの負担(ダメージ、欠け)を最小限に抑えます。
※カスタム対応となります。

4. 取り付け手順

ヒートシンク取付手順のガイダンスです。

左のメニューをクリックすると、取付手順が表示されます。

1.アンカーピンを挿入

1. 基板裏面より、治具等を用いてアンカーピンを挿入します。

1-1.アンカーピンの挿入状態

1-1. アンカーピンは根元まで挿入します。

2.ヒートシンクを設置

2. ヒートシンクを熱源の上に置きます。

3.クリップの組み付け

3. 片側のフック(U部)をアンカーピンに取り付けます。(矢印の方向より取り付けます。)

4.反対側を取り付け

4. 反対側のクリップの組み付けを行います。

4-1.フックを押し下げる

4-1. ヒートシンクの上に指を添えたまま、アンカーピンの横にフックを押し下げます。

4-2.フックをスライドし固定

4-2. そのままフックをアンカーピンに向かってスライドさせます。

5.固定完了

5. 固定完了



トップへ戻る

5. QSZクリップとヒートシンクとの組み合わせ

V (Vertical) タイプ

QSZ Clip V

風向

H (Horizontal) タイプ

QSZ Clip H

風向

QSZクリップと弊社規格のヒートシンクとの組み合わせに関しては、下の「標準ヒートシンクとの対応表」
を参考に取り付けの可否をご確認下さい。

  • この表は寸法上の取り付け可否のみを示します。ご指定のヒートシンクが要求される冷却性能を満たしているか否かは、 ヒートシンク選択の手引き にて別途ご確認下さい。
  • 風の方向やフィンパターンによって、クリップが中心に配置できないことがあります。
  • 実際の取り付けやすさ等は、実環境にてご確認ください。 組み合わせや使用条件によっては、取り付けにくい場合がございます。
  • ヒートシンクのフィン方向に対し垂直方向にクリップを固定する V (Vertical, 写真右上) タイプと、平行方向に固定する H(Horizontal, 写真右)タイプの取り付け可否を示しています。取り付けの方向は、写真を参考に筐体内の風向によって決定してください。



表中の記号の意味

記号意味
OK ヒートシンク中心での固定が可能です。
ヒートシンクの中心でなければ固定は可能です。V 方向時には中心から大きくずれるためお勧めできません。
空欄 ご指定のヒートシンクは QSZクリップでの取り付けは不可です。
* ヒートシンクの全高が高くなるにつれクリップが入りにくくなります。推奨は全高 15mm までです。

ヒートシンクの名前をクリックすると各製品の仕様・性能データを参照できます。

QSZ24x24
QSZ24x24R
QSZ29x29
QSZ29x29R
QSZ34x34
QSZ34x34R
QSZ39x39
QSZ39x39R
QSZ44x44
QSZ44x44R
QSZ49x49
QSZ49x49R
QSZ54x54
QSZ54x54R
QSZ58x58
QSZ58x58R
QSZ64x64
QSZ64x64R
V H V H V H V H V H V H V H V H V H
LPD15 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD17 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD19 OK OK OK OK* OK* OK* OK* OK* OK*
LPD22 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD25
LPD28 OK OK OK OK OK OK OK
LPD30 OK OK OK OK OK OK OK
LPD32 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD35
LPD38 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD40 OK OK OK OK OK
LPD42 OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD45 OK OK OK OK
LPD50 OK OK OK
LPD52 OK OK OK OK
LPD54
LPD60 OK OK
LPD2030 OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD2040 OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD3020 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD3040 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD3550 OK OK OK OK OK
LPD4020 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD4030 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD4060 OK OK OK OK OK
LPD5035 OK OK OK OK OK OK OK OK
LPD6040 OK OK OK OK OK
MD30 OK OK OK OK OK OK OK
MD35
MD40 OK OK OK OK OK
MD45 OK OK OK OK
MD50
MD54 OK OK
MD60 OK
ULP50 OK OK OK OK OK OK
ULP60 OK OK
W15 OK OK OK OK* OK* OK* OK* OK* OK*
W30 OK OK OK OK OK OK OK
W35 OK OK OK OK OK OK
W40 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
W45 OK OK OK OK OK OK OK OK
W48 OK OK OK
W54
W60
TL19 OK OK OK OK OK OK OK OK OK
TL25 OK OK OK OK OK OK OK OK
TL30 OK OK OK OK OK OK OK
TL35 OK OK OK OK OK OK
TL40
UB フィンの向きに対して垂直、平行、どちらの方向でもヒートシンクの中心でクリップ使用できる UBZ シリーズ もございます。
UB10 OK OK OK OK OK OK OK OK OK
UB15 OK OK OK OK OK OK OK OK OK
UB17 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
UB19 OK OK OK OK* OK* OK* OK* OK* OK*
UB22 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
UB25 OK OK OK OK OK* OK OK* OK OK* OK OK* OK OK* OK OK* OK
UB28 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
UB30 OK OK OK OK OK OK OK
UB32 OK OK OK OK OK OK
UB35 OK OK OK OK OK △* OK
UB38 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
UB40 OK* OK* OK* OK* OK*
UB42 OK OK OK OK OK OK OK OK
UB45 OK* OK* OK* OK*
UB48 OK* OK OK* OK OK* OK
UB50 OK* OK* OK*
UB52 OK OK OK OK
UB54
UB60
UB2030 OK OK OK OK OK OK OK OK
UB2035 OK OK OK OK OK OK OK OK
UB2040 OK OK OK OK OK OK OK OK
UB3020 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
UB3040 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
UB3550 OK OK OK OK OK OK OK OK
UB4020 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
UB4030 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
UB4060 OK OK OK OK OK
UB5035 OK OK OK
UB6040 OK OK OK OK OK
UBC60
UBZ40 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
UBZ45 OK OK OK OK OK OK OK OK
UBZ50 OK OK OK OK OK OK
UBZ54 OK OK OK OK
UBZ60 OK OK
Z フィンギャップが狭すぎるため、Z19以外取付できません。フィンレイアウトを調整したZZ シリーズを検討願います。
Z19 OK OK
ZZ40 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
ZZ45 OK OK OK OK OK OK OK OK
ZZ50 OK OK OK OK OK OK
ZZ54 OK OK OK OK
ZZ60 OK OK
T T シリーズには取り付けできません。
S1515 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
S1519
S1525
S1530 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
S1535
S1540
S1545
S1550 OK OK OK OK OK OK
S1555
S1560 OK OK
ST15
ST19
ST25 OK OK OK OK
ST30
ST35
ST40
ST60
N19
N25
N30
N35
N40
N45
N50
N54
N60
CS40 OK OK OK OK OK OK OK OK OK OK
CS45 OK OK OK OK OK OK OK OK
V H V H V H V H V H V H V H V H V H
QSZ24x24
QSZ24x24R
QSZ29x29
QSZ29x29R
QSZ34x34
QSZ34x34R
QSZ39x39
QSZ39x39R
QSZ44x44
QSZ44x44R
QSZ49x49
QSZ49x49R
QSZ54x54
QSZ54x54R
QSZ58x58
QSZ58x58R
QSZ64x64
QSZ64x64R

トップへ戻る

6. クリップの荷重
Clip load diagram

QSZクリップでヒートシンクを固定した際に熱源に掛かる荷重は、下のクリップ荷重表・荷重計算ツールより求めることが出来ます。なお、アンカーピン寸法、熱源高さ、基板厚さ の公差等もございますので、数値は参考値としてお考え下さい。



①. グラフ下に示す式から、グラフの横軸の数値(T)を求めます。ご使用になるクリップ、アンカー、熱源高さ、ヒートシンクベース厚 及び 基板厚さ の情報が必要です。
②. ①で求めた数値(T)とクリップの性能直線の交点から、取付け時のクリップの荷重(縦軸)を求めることが出来ます。

Clip load graph

  • クリップ荷重計算ツール
QSZ クリップ

組付時荷重

**.**   kgf

圧力

**.**   kgf/cm2
アンカーピン
ヒートシンクベース厚 mm
チップ接触面寸法 mm   x mm

Input Unit:

   
チップ高さ mm
基板厚さ mm

7. カスタムクリップについて
規格クリップがそのままでは使えない場合、企業様向けにカスタムクリップの提案・製作も行っております。
詳しくは 営業部 までお問い合わせ下さい。

  • カスタムクリップの概略費用・納期 :
  •   試作品費用:3万円程度(通常、金型費不要)
  •   試作品納期:2週間程度  量産品納期:2-4週間程度

トップへ戻る

サイトマップ | お問合せ | © 2008 Alpha Company Ltd.