オンラインカタログ

段付きネジ (ショルダースクリュー)

段付きネジ (ショルダースクリュー)
SS

Shoulder Screw 段付きネジ(ショルダースクリュー)は、ヒートシンクと基板を固定するために、スプリングとセットで使用されます。メカニカルな取付において、最も強固な固定方法の一つです。

アルファでは複数の規格段付きネジ、及びスプリングを取り揃えており、基板厚み・チップ高さ等、お客様の状況に応じて適切な荷重・圧力を加えることが可能です。

1. 段付きネジ (ショルダースクリュー)の仕様
規格   A
(mm)
B
(mm)
ネジ
種類
C
(mm)
ダウンロード 納期 /見積 / 購入
SS diagram

SS-13.2 13.20 4.20 M3 4.20 catalog

RoHS

REACH

DXF

Quantity
+
SS-19-4.2-M3-4.2 19.00 4.20 catalog
SS-22 22.00 4.00 catalog
SS-12-4.8-M3-4 12.00 4.78 4.00 catalog
SS-13-4.8-M3-3.5 13.00 3.50 catalog
SS-13-4.8-M3-5 5.00 catalog
SS-13.7-4.8-M3-5.8 13.72 5.84 catalog
SS-16-4.8-M3-7 16.00 7.00 catalog
SS-16.5-4.8-M3-5.8 16.51 5.84 catalog
SS-19.3-4.8-M3-5 19.30 5.00 catalog

2. 段付きネジの構造、および段付きネジ固定の特徴

段付きネジの構造は、ネジ頭・E-ring挿入溝、ショルダー接触面、ネジ部に大きく分けられます(下記画像参照)。

Features of shoulder screws
確実な取付

最も強固な取付方法のひとつで、高い信頼性を要求される場合に適します。振動・衝撃試験 をクリアしています。

容易な取付

段付きネジとスプリングは、ヒートシンクに組み付いた状態で出荷出来ます。取付は簡単・シンプルです。

基板の反り防止

バッキングプレート を使用することで、基板の反り防止が可能です。

カスタム性

基板のレイアウト等に応じて、穴位置等のカスタム対応が可能です。

取付荷重の調整

段付きネジとスプリングの組合せを変更することで、適切な荷重で取付できます。

高性能

グリスやフェイズチェンジ材等、高性能な サーマルインターフェース をご使用になれます。

3. スプリング選定

参考情報 : スプリング選定について


4. 基板側の固定部品について

段付きネジを使う際、基板側に使用される代表的な固定部品を下記に紹介します。
最終的なヒートシンクの設計、段付きネジ・スプリングの選定は、どの固定部品を使うかによって決まります。 なお、アルファの規格段付きネジは全てM3です。固定部品の詳細な情報など、ご質問は 営業部 までお問い合わせください。

①基板に圧入、またはハンダ付けする部品
(セルフクリンチングファスナー)

②ナット

PEM

PEM社 and MAC8社 などから入手可能

※弊社では販売しておりません。
Nuts

一般的なナットです。

③スタンドオフ

④バッキングプレート

Stand-offs

基板表側に設置し、裏から六角ナットなどで固定します。

Backing Plate/Stiffener

基板裏側にバッキングプレートを使います。
基板の強度を上げ、反りを防止することも出来ます。
弊社規格バッキングプレートのページ

ヒートシンク取付手順のガイダンスです。
左のメニューをクリックすると、各工程の様子が表示されます。

1. Select heat sink

1. ヒートシンクには段付きネジ取付用の穴が必要です。

2. Assemble shoulder screws and springs

2. 段付きネジとスプリングをヒートシンクに挿入します。

3. Install E-rings

3. Eリングで段付きネジを固定します。

4. Complete pre-assembly of screws and springs

4.これで、ヒートシンクに段付きねじとスプリングが組み付けられました。お客様にはこの状態で納入されます。
ご希望に応じて、サーマルインターフェースをヒートシンクに貼り付けて納入することも可能です。

5. Install mounting components on the PCB

5. 基板に固定部品(セルフクリンチングファスナー等)を設置します。

6. Install heat sink from component side

6. ヒートシンクをチップの上に設置します。

7. Finish assembly

7. ネジを締めて、ヒートシンクの固定は完了です。






Shoulder Screw アルファでは、段付きネジ固定用ヒートシンクを規格化しています。
下記リンクから入ることの出来る各製品のページでは、 チップ高さや基板の厚み等を入力することで、お客様の環境に最適な段付きネジ、スプリングの組合せを選定したり、ヒートシンクとのセット品の品番を取得することが出来ます。



段付きネジ固定用ヒートシンク (LPD**S, UB**S シリーズ)

ヒートシンクの取付け方法の種類
振動・衝撃試験の結果

トップへ戻る

© 2019 Alpha Novatech, Inc.