はじめに

Shoulder Screw

段付きネジ(ショルダースクリュー)は通常スプリングとセットで使用され ヒートシンクの固定方法の一つです。
この固定方法の特徴としては以下のような点があります。


アルファでは標準的なサイズの段付きネジを用意しており、 お客様の仕様に応じてスプリングも含めたトータルソリューションをご提供できます。
なお段付きネジおよびスプリングは単品でも提供可能です。

参考情報 : スプリング選定について


Index

段付きネジの構造について

段付きネジの構造

段付きネジの構造はバネを受けるHEAD部、ヒートシンクと段付きネジ本体を 連結する為に使用するE-RING挿入溝部、 基板側に接触するショルダー接触面、 そして基板側と固定するためのM3ネジ部となります。

段付きネジとヒートシンク line E-RING

ヒートシンクと段付きネジをE-RINGで組みつけして納入することが可能なため、 組立作業の効率化と部品管理の点で優れております。

基板側の固定部品について

段付きネジを基板に固定する部品例を紹介します。
なお標準段付きのネジ径はM3xP0.5となりますのでお確かめの上選定してください。

①基板に圧入またはハンダするタイプ
(セルフクリンチングファスナー)
②ナット
セルフクリンチングファスナー
PEM社やMAC8社などから入手可能
ナット
一般的なナット
③スタンドオフ ④バッキングプレート
(バックプレート)
スタンドオフ
基板上に設置し土台の役割となる
バッキングプレート
基板裏側に設置するネジ穴のあるプレート
(基板の反りを抑制。高荷重なケースに適す)

※上記部品は弊社からは提供しておりません。

トップへ戻る

部品構成から組立までについて

ヒートシンク取付手順のガイダンスです。

左のメニューをクリックすると、取付手順が表示されます。

1.ヒートシンクを選択

1. ヒートシンクには段付きネジ取付用の穴が必要です。

2.段付きネジとスプリングを挿入

2. 段付きネジとスプリングをヒートシンクに挿入します。

3.Eリングで固定

3. Eリングで段付きネジを固定します。

4.納入状態

4. この状態で納入されます。

5.基板に設置

5. 基板にボード用セルフクリンチングファスナー(PEM等)を設置します。

6.ヒートシンクを設置

6. ヒートシンクをチップの上に設置します。

7.固定完了

7. ネジを締めて固定完了。



トップへ戻る

固定用穴付きヒートシンク・シリーズについて

固定用穴付ヒートシンク

段付きネジとスプリングでヒートシンクを固定する場合、ヒートシンクに専用の穴が必要となりますが あらかじめ専用の穴が加工されている製品を標準で提供しております。

固定用穴付ヒートシンク シリーズ一覧

こちらの製品であれば、段付きネジ、スプリング、サーマルインターフェースを セット品(組付け済)としてご購入いただくことが可能です。

関連ページ

振動・衝撃試験の結果

トップへ戻る

サイトマップ | お問合せ | © 2015 Alpha Company Ltd.