パッシブヒートシンクの測定装置および条件

強制空冷下の熱抵抗及び圧力損失は Figure1、2 に示されるように測定します。
チャンバー: Airflow Measurement Systems 製 チャンバーは、 AMCA 210-85に従って設計されています。
ヒーター・サイズ等に関しては、各テスト条件を参照して下さい。
熱電対をテストヒートシンクの中心にあけた1.4mmの穴を通しヒーター 上面に接するようにセットします。
ヒーターとヒートシンクベースの間にはサーマルグリースを塗布します。

参考

トップへ戻る

ファンヒートシンクの測定装置および条件

ファンヒートシンクの熱抵抗は Figure3、4 に示されるように測定します。
ヒーター・サイズ等に関しては、各テスト条件を参照して下さい。
熱電対をテストヒートシンクの中心にあけた1.4mmの穴を通しヒーター 上面に接するようにセットします。
ヒーターとヒートシンクベースの間にはサーマルグリースを塗布します。

トップへ戻る

ヒートシンクの自然空冷時の測定装置および条件

ヒートシンクの自然空冷時の熱抵抗は Figure5に示されるように測定します。
ヒーター・サイズ等に関しては、各テスト条件を参照して下さい。
熱電対をテストヒートシンクの中心にあけた1.4mmの穴を通しヒーター 上面に接するようにセットします。
ヒーターとヒートシンクベースの間にはサーマルグリースを塗布します。

トップへ戻る

サイトマップ | お問合せ | © 2007 Alpha Company Ltd.